糖化とは

糖化糖化とは、人の体内に存在するタンパク質と、食事によって摂取された糖が結びつくことを糖化といいます。そのたんぱく質と糖の結びつきで出来てしまった(糖化した)たんぱく質は体内に蓄積していき様々な体へ影響を及ぼしていくといわれています。

'); define("P_END", '

'); ?>

一般的に糖を過剰に摂取すると、肥満やそれによって引き起こされる糖尿病などの生活習慣病になる可能性が高いことは有名ですが、それ以外にも酸化と同様に老化や病気の原因になっていきます。糖化によってAGEsという劣化たんぱく質へ変化した物質が体内に蓄積されることで肌以外にも血管にまでも影響し、それらを老化させていくといわれています。

'); define("P_END", '

'); ?>

糖化の影響

糖化が進むと、肌のキメが荒くなってしわやくすみが増えていきます。また、肌がたるんだり、カサついたりといった症状が出やすくなってきてしまいます。これは糖化によって肌の代謝機能が低下していくことが原因といわれています。また肌が老化する主な原因は紫外線や酸化などですが、そのほかにも、内部から老化する原因があり、それが糖化によるものだとされているのです。

'); define("P_END", '

'); ?>

しかし人が生活していく以上、炭水化物を糖に分解してそれをエネルギーとすることは不可欠なことですから、糖化の影響は避けられません。ですが大事なのは、過剰な糖化をできる限り避けるということなのです。

'); define("P_END", '

'); ?>

糖化糖化は肌ばかりではなく、体や血管にも同様の症状が起こりますので、病気にも関連してくることになります。糖化が原因で起こる病気でもっとも多いといわれているのが糖尿病です。そのほか糖化は目や脳また神経などにまで影響し、そのほかに血管や血液、骨にも非常に深く関係しています。

'); define("P_END", '

'); ?>